ホットヨガとヨガの違い

ホットヨガとヨガの違い

ホットヨガとヨガの違い

ホットヨガとは、室温を38度から40度、湿度を40%から70%という温かい環境で行うヨガの事です。ヨガを行う環境に高温多湿の環境をプラスすると、筋肉がほぐれ、体が柔軟になるので、ヨガのポーズが行いやすくなります。体が冷えていると、筋肉が硬直してしまい、うまく体を動かす事ができません。部屋を温かくする事で、筋肉が弛緩しやすくなり、動かす事に抵抗がなくなります。ヨガの効果を発揮するためには、筋肉を十分に動かせる環境はとても大切なのです。また、高温多湿の環境でヨガを行う事で、体の内側だけでなく、外側からも熱を浴びる事ができます。そうする事で、普通のヨガによる体内の温度上昇よりも汗をかきやすくなり、汗を多量にかいて、しっかり水分を補給する事で、血行を促進したり、新陳代謝を良くするという効果もあります。そのため、風邪をひきにくい体や、怪我をしにくい柔軟性を手に入れやすくなります。また、精神統一など、ヨガは体だけでなく精神の向上にも役立ちます。ホットヨガで体に対する負担を与え、初心者だけでなく、ヨガを長く続けている人にもより十分な効果を得られるのではないでしょうか。

ホットヨガとヨガの違い2

4000年以上も歴史があり体のバランスを整え精神安定をはかる修行方法として脈々とインドに伝わるものがヨガです。たくさんの流派や種類があり最近ではダイエットに効果のあるエクササイズ的な要素があるヨガが人気です。またホットヨガというものも流行しています。普通のヨガとは違い室温が3840度で湿度5565%の部屋で行うので代謝力アップの効果がプラスされます。体が温まった状態で行えるので体が動かしやすくポーズが取りやすく怪我もしにくくなります。また筋肉が柔らかくなるので発汗作用がアップし血流も良くなることから体内の老廃物を出すことができるのでデトックス効果や肌荒れなどに効果があります。また腰痛や肩こりなどの解消にもつながります。毎日サロンに通う必要はなく体調に合わせ週に何度か通うことでも十分に効果が現れます。体が硬いといって無理だと諦める必要もありません。通ううちに徐々に柔らかくなり、筋肉もほぐれてきます。最近では男性でもOKのサロンもあるので夫婦で通われるのも良いでしょう。

ホットヨガを初めてみましょう

健康的な体を手に入れたい、リフレッシュしてすっきりとした気分になりたい、ダイエットをしたい等を考える女性の方は多いのではないのでしょうか。そんな悩みをすべて解消してくれるのが、ホットヨガです。ホットヨガとは、室温40度前後、また湿度50パーセント程度のあたたかい部屋で行うヨガのことです。暖かい部屋のおかげで、体温が上昇しやすくなり、汗をかくのを促進させます。また筋肉がやわらかくなり、難しいポーズでも行いやすくします。汗を多くかきますので、そのぶん水分を取る必要があります。そしてまた汗をかき、水を飲むというサイクルができ、これが体に良いのです。ホットヨガとは通常のヨガを行うより、より高い効果が得られます。汗をかき、体を動かすことで風邪をひきにくい強いからだにしてくれます。また運動量はすくなくても、ひとつのポーズを行うだけで、多くのカロリーも消費します。より健康的な体を得ることができること間違いないでしょう。

ホットヨガでのダイエットについて

 ホットヨガをする理由として「ダイエット効果を期待しているから」という人はたくさんいると思います。私も、少しでもお腹まわりなどの贅肉を削ぎ落とすことができればと思い、ホットヨガに取り組んでいます。しかし、ホットヨガのダイエット効果というのは、あまり即効性のあるものではないと私は感じています。

 考えてみれば、ホットヨガは汗が大量に出ることが多いですが、それは別に激しい運動しているからというわけではなく、室内が暑いので代謝が促進されるからです。そうして大量に汗が出るデトックス効果については疑いようがありませんが、ダイエットには直接それが関係しているわけではないので、なかなかすぐに体重が減るわけではないのです。

 しかし、ホットヨガを継続すると、そうしたデトックス効果などが功を奏し、太りにくい体質に改善されることがあります。そこへきちっと食事制限すれば、ダイエットの効果は高まるはずです。ですので、ホットヨガでダイエットをするときは、長期的な見通しをするべきだと私は思っています。